【初心者向け】快適キャンプを目指そう!キャンプを快適にしてくれる道具6選!

キャンプ

こんにちは!

ゆたるなキャンプのゆたです!

みなさん、特に最近キャンプを始めた方!は、キャンプでヘトヘトになってしまう事ってありませんか?

ぼくもキャンプを初めてからしばらくは、キャンプでヘトヘトになってしまい、帰ったらすぐに寝てしまうくらいでした。

「キャンプ初めてみたけど疲れてしまう…。」

「夜あまり眠れない…」

「もう少し快適に過ごせないかな…?」

「快適に過ごせるキャンプギアが欲しい!」

楽しそう!とキャンプを初めてみたら、思ったよりも疲れてしまうなんて事があると思います。

そこで今回は、僕たちが実際にか購入してよかった物を6つ紹介していきます!

ゆたるなキャンプ

ゆたるなキャンプ

2020年の10月にキャンプを手探りで始めてからキャンプの虜になってしまい、気づけば今では上の写真に写っているオトモ3人(左からぷーち、どな吉、ぷー坊)と月に1~2回は必ずキャンプをするほどになった夫婦です。

毎月キャンプをしているので、真夏の炎天下でのキャンプや、-10℃の雪中キャンプもやっています。

詳しいプロフィールはこちら!

キャンプを快適にしてくれる道具

疲れない為には準備から!

・ コンテナボックス

日差しから身体をまもる!

・ タープ

暑さや寒さを和らげる

・ 扇風機

・ 薪ストーブ/ガスストーブ

快適な睡眠を!

・ コット

一台あると超便利!

・ ポータブル電源

コンテナボックス

コンテナボックス、侮れませんよ!

意外と重要なんです。

キャンプで疲れてしまう方の中には、もしかしたらどこに物をしまったのか、ごちゃごちゃになってわからなくなってしまうなんてことがありませんか?

コンテナボックスも、大きな物1つに持っていく物全部を詰め込んでしまうと、逆にごちゃごちゃになってしまいます。

なので、道具のジャンルごとにボックスを分けると、整理もしやすくなってオススメです。

ボックスにも色々なサイズがありますし、100均にも売っています。

同じ種類のボックスなら、重ねて置くこともできるので、収納もしやすいですよ!

コンテナボックス

例として僕たちは

  • 食器、料理道具類、乾麺等のクーラーに入れない食材
  • 焚き火に使う物や、その他小物類
  • 着替え

と3つのボックスを使用しています。

ボックスだけではなく、洗面用具等はバッグも使って整理しています。

タープ

テントとタープ

正直、タープはなくてもキャンプは出来ますし、タープを張るのにどうしても手間がかかるので、少し面倒臭いです。

しかし、タープを張る事で次のメリットが生まれます。

  • 厳しい日差しを遮る日影の空間を作ってくれる。
  • 急な雨でも安心!

タープがあることで日陰を作り出してくれます。

夏の時期は特にですが、タープがないと、日差しがとても強く、暑いので危険です。日陰あるのとないのでは、キャンプの快適さが全然違います。

そして、タープは急な雨などから身体や大事なキャンプギアを守ってくれます。

キャンプ中、急な雨に降られてしまったり、夜中に雨が降ってきて、外に置いていた荷物が全部びしょびしょになってしまう。なんてこともあるかもしれないです。

このように、急に雨が降ってきた!という時にもタープがあれば濡れないで済みます。

キャノピーテントやツールームのテントであれば必要はないかもしれませんが、タープをひとつ持っておくと、とても便利ですよ!

扇風機

扇風機

夏のキャンプでは必須です!

タープを張れば多少楽にはなりますが、暑いものは暑いです!

熱中症だけは本当に気をつけましょう。

対策として水分を多く取るのはもちろん、涼しさも大事ですよね。

そこで扇風機です!

ハンディの扇風機でもいいですが、それよりも卓上で使用できる持ち運びができる扇風機を持っておくととても便利です。

外で使用するのはもちろん。テントの中は熱がこもってかなり暑くなってしまうので、寝る時にも扇風機をつけておくと快適です。

ストーブ

薪ストーブ

冬キャンプに是非持っていってもらいたい物です!

ある程度キャンプが好きになってくると、キャンプは冬が最高に楽しいことに気づくと思います。

しかし、冬のキャンプはとにかく寒いです!

焚き火をして暖をとりますが、正直焚き火だけじゃ厳しいと思う時もあります。

そこで、薪ストーブや灯油のストーブをお勧めします。

焚き火よりも暖かく、ストーブ上で料理が出来る。それに、窓がついていれば炎を見ることができるので、焚き火も一緒に楽しめちゃいます!

薪ストーブ

薪ストーブなどは、テントの中にも入れることができちゃいます。

テントの中に入れるとかなり暖かくなって快適みたいです♪

しかし!!

ストーブをテントの中に入れるにはしっかりとした準備が必要です。

準備を怠ると、最悪の場合、亡くなってしまいます

⇩の記事で準備する物や手順を紹介していますので、一度読んで見てください。

コスパ最強薪ストーブ!テント×薪ストーブをやるならこれだ!ホンマクッキングストーブの紹介
こんにちは! ゆたるなキャンプのゆたです! 突然ですがキャンプのシーズンと言ったらいつだと思いますか。 世間的には夏がキャンプのシーズンだと思われているかもしれません。 ですが、僕が思うには春、夏はもちろんですが、秋から冬がキャンプの1番の...

コット

コットとは組み立て式の折りたたみのベッドです。

  • ハイタイプとロータイプの2種類があり、それぞれ
  • ハイタイプはロータイプよりも重量がある。
  • ロータイプはハイタイプよりも地面に近いのでその分冷気を感じやすい
  • 組み立てる必要がある。

このようにデメリットがありますが、それよりもメリットの方がたくさんあります。

  • ハイタイプの物ならコットの下に荷物を置いてスッキリさせられる
  • 地面の凹凸を気にすることなく眠ることができる
  • 地面から浮いているので、冷気対策をあまりしなくても大丈夫
  • 寝心地が最高

このようにデメリットよりもたくさんのメリットが得られるのでコットはかなりおすすめです。

実は僕たちも最近安物ですが、コットを購入しました!

今までの銀マットの上にシュラフで寝ている時は、身体が痛くなってしまって夜中に起きることが多く、しっかりと睡眠をとることができませんでした。

しかし、コットを使ってみたら途中で起きることもなく、朝までぐっすりと寝ることができました。

ポータブル電源

ポータブル電源

ポータブル電源には、容量がそれぞれあるのですが、当然容量が大きくなるに連れて値段が高くなります。

また、重量も重くなってしまいます。

しかし、ポータブル電源があると

  • どこでも電源が確保できる。
  • 容量によってはドライヤー等の家電まで使えてしまう。
  • キャンプ以外でも防災時にとても役にたつ。

このように、キャンプとしても防災用としてもとても便利です。

容量の目安として、1日2日のキャンプで、スマホの充電、小型扇風機、ミニ冷蔵庫、電気毛布等を使用する場合は、400〜500Whあれば充分ではないかと思います。

もっと容量が小さいものや大きい物もありますので、自分が使用する物に合わせて購入しましょう。

キャンプに限らず使えるポータブル電源、1台持っておくと便利ですよ♪

◎まとめ

快適にする為に欲しくなった物はありましたか?

ぼくたちもまだまだ快適で楽しいキャンプを求めて、毎回試行錯誤しています!

キャンプはやる度に新しい発見や気づきをくれます。

こんな道具があったら快適だな。

これをやってみたい!と、なっていきます。

人それぞれいろんな楽しみ方でやることができるとてもいい趣味です。

みなさんのキャンプを快適にしてくれる道具も是非教えてください!

他にもキャンプ場紹介やキャンプの記事を書いています!

キャンプ場紹介はこちら

茨城県のおすすめキャンプ場紹介!「にこにこキャンプ」最高の景色を楽しめるキャンプ場!
栃木県のキャンプ場-NASU IONO CAMPSITE-サウナがあるキャンプ場
茨城の大自然に囲まれたキャンプ場-みどりのオートキャンプ場 あさの郷

キャンプについての記事はこちら

コスパ最強薪ストーブ!テント×薪ストーブをやるならこれだ!ホンマクッキングストーブの紹介
夏キャンプの必需品7選!虫対策や暑さ対策をしっかりして最高のキャンプにしよう!
【初心者向け】快適キャンプを目指そう!キャンプを快適にしてくれる道具6選!

バンライフやエブリイについての記事はこちら

エブリイda17-vヘッドライト交換!自分でやって節約しよう!
ルーフボックスとキャリアってどっちがいいの?実際に取り付けたので比較していく!
エブリイda17-vサイドミラー自動格納化!自分で取り付けて節約してみよう!

随時更新していくのでキャンプ場探しの参考にしてみてください。

 

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました